08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

CX winners trade

難しい情報分析は不要!機械的な売買でのCXトレード戦記

 

Information

Email2会員
無料メール情報サービスは商品先物取引の締結を目的としており、お申込みのお客様に商品先物取引のご説明やご案内等をさせていただくこともございますので、予めご了承のうえお申込みください。                                                                                         

クロージングベル~20日 

9月20日当日終値前日比売買成立値
⑥4684+2買い方針4521円
白金3424-20売り方針3482円
ガソリン51440-70買い方針48900円
ゴム212.2-1.2売り方針220.1円
コーン21040-190買い方針20800円
原油①37130-190買い方針34740円
225mini20140-5買い方針19420円


6日ぶりにマイナス圏引けとなったオイルは夜間で高値更新してからの反落で、騰勢は衰えていない。一方で安値更新が続く白金・ゴムは下値のメドが焦点に。今週に入り、お問い合わせは白金に集中しており、当然ながら買い保有の投資家からだ。
「先週11日にMACDが売りクロスして、他指標も続々と悪化~」
「そんなことよりどこで下げ止まりますか?」
「目先的には3390円がメド。しかし割り込んだら6月~8月のもみあい3300円まで行ってこいに」
「金もいっしょに下がりますよね?」
「いま白金の件では?」
「金が下がるかどうかが重要です」
「....。」


本日の売買&21日の売買方針の
詳細はマーケットEyeへ

お問い合わせは0120-433-667 あまない まで

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

Category: 本日終値

Thread: デイトレ記

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

クロージングベル~19日 

9月19日当日終値前日比売買成立値
⑥4684-26買い方針4521円
白金3444-41売り方針3482円
ガソリン51510+370買い方針48900円
ゴム213.4-7.8売り方針220.1円
コーン21230+140買い方針20800円
原油①37320+470買い方針34740円
225mini20145+360買い方針19420円


白金に続いてゴムが連休前の夜間で売り転換し、幸運にもどうにか本日の暴落前に対処ができた。直近高値更新した金・オイルとは全く別路線の動きとなっているゴム・白金と珍しいケースでいわゆる「過去の」データが通じない時間帯の様相。金&白金の価格差についても-1240円を超えてさらに新たなステージに入ってきている。価格差についてお問い合わせが今日もあり、ここまできて売っている金、買っている白金の損決済は決断できないとのこと。果たしていくらまで拡大するのか.....。

本日の売買&20日の売買方針の
詳細はマーケットEyeへ

お問い合わせは0120-433-667 あまない まで

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

Category: 本日終値

Thread: デイトレ記

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

クロージングベル~15日 

9月15日当日終値前日比売買成立値
⑥4707+32買い方針4521円
白金3485+11売り方針3482円
ガソリン51140+370買い方針48900円
ゴム①219.3-6.5買い方針216.4円
コーン21090+10買い方針20800円
原油①36850+310買い方針34740円
225mini19785+95買い方針19420円


今週は明確に銘柄ごとの強弱が鮮明に。金は言わずもがなだが、オイルの動向の好調さが目立った。対照的なのはゴム・白金で引け味も鈍く先行した白金に続きゴムも売り転換寸前。地政学リスクの動向が予測不能となっており、固定観念はNGだが、チャート動向に素直にフォローしていけば好結果につながりそうだ。

本日の売買&19日の売買方針の
詳細はマーケットEyeへ

お問い合わせは0120-433-667 あまない まで

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

Category: 本日終値

Thread: 投資成績

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

クロージングベル~14日 

9月14日当日終値前日比売買成立値
⑥4676-13買い方針4521円
白金3474-7売り方針3482円
ガソリン50770+650買い方針48900円
ゴム①225.8-3.8買い方針216.4円
コーン21080+100買い方針20800円
原油①36540+630買い方針34740円
225mini19690±0買い方針19420円


オイルが単独高で直近高値を豪快に上抜けて強い引け味。原油・ガソリンともに4月の高値が視野に入ってもう一伸びありそうだ。金・ゴムともに先週の高値ブレイクを意識して反落したことでWトップ形成のように演出。「よし!天井つけた!」と売り仕掛けトライも金・ゴムそれぞれ先週の最高値ブレイクにギブアップ設定はしておきたい。

本日の売買&15日の売買方針の
詳細はマーケットEyeへ

お問い合わせは0120-433-667 あまない まで

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

Category: 本日終値

Thread: 投資成績

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

クロージングベル~13日 

9月13日当日終値前日比売買成立値
⑥4693+46買い方針4521円
白金3481+7売り方針3482円
ガソリン50120+300買い方針48900円
ゴム①229.6+2.9買い方針216.4円
コーン20980-10買い方針20800円
原油①35910+360買い方針34740円
225mini19690+60買い方針19420円


昨日、金が4640円を下抜けなら売りスタート予定は結局4655円が安値となって急反発と1週間ぶりに4700円台ゾーンへ。今日の上昇で売り条件は消滅で買いキープ。この金上昇についていくスタミナの無さを露呈した白金は引き続き3460円を下抜けなら売り追加を試みたい。ゴムは上海市場との換算値ベースを重視では東京市場がどうしても割高とみて売り人気が強いが、チャート形状はパラボリックを除いては買い優勢地合いが続いており、値ごろ売りはまた波乱を呼ぶ?

本日の売買&14日の売買方針の
詳細はマーケットEyeへ

お問い合わせは0120-433-667 あまない まで

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

Category: 本日終値

Thread: ★テクニカル分析

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0