04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

CX winners trade

難しい情報分析は不要!機械的な売買でのCXトレード戦記

 

Information

☆セミナーのご案内はこちら

Email2会員
無料メール情報サービスは商品先物取引の締結を目的としており、お申込みのお客様に商品先物取引のご説明やご案内等をさせていただくこともございますので、予めご了承のうえお申込みください。                                                                                         

Today's NY & Chicago 

 

MACD

Aroon

Trend bar

position

シカゴcorn

買い

売り

+2

買い2

シカゴ大豆

買い

買い

+3

買い3

SINゴム

買い

買い

+3

買い4

NY金

買い

買い

+3

買い4

NY白金

買い

買い

+3

買い4

NY原油

売り

売り

+1

売り1



NY金がまたまた新高値更新に加えて白金も年初来高値を更新と強基調を維持しており、「かげり」はまだ、見えてきません。ゴムもまた、売り方の首を真綿で絞めるようなジリ高が続いておりオール買い普遍で金上昇=ゴム上昇の図式は崩れていません。もうそろそろ売り?との問い合わせが多くなってきましたが、いかに上昇に半信半疑な投資家が多いことの表れです。買い4とMAXの状況ではまだ売り推奨はとてもできません。

相場師ブログランキング 


12月セミナーは東京・大阪・福岡の3都市開催!



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

Category: USマーケット 

Thread: 暴落に打ち勝つ投資法

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

Today's NY & Chicago 

 

MACD

Aroon

Trend bar

position

シカゴcorn

売り

買い

+2

買い1

シカゴ大豆

買い

買い

+3

買い4

SINゴム

買い

買い

+3

買い4

NY金

買い

買い

+3

買い4

NY白金

買い

買い

+3

買い4

NY原油

売り

売り

+1

売り3


高値更新が止まらない金・ゴムに白金・大豆は懸命に食らいついていっていますが、対照的にオイル・コーンがますます悪化しており、明暗が一段と鮮明に。連動性うんぬんではなく、高値更新が止まっていない状況下では素直に買いポジションスタンスを崩さないほうが賢明か?
 



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。

 

 

 

Category: USマーケット 

Thread: 明確な投資理論

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

Today's NY & Chicago 

 

MACD

Aroon

Trend bar

position

シカゴcorn

買い

買い

+2

買い4

シカゴ大豆

買い

買い

+3

買い4

SINゴム

買い

買い

+3

買い4

NY金

買い

買い

+3

買い4

NY白金

買い

買い

+3

買い4

NY原油

売り

売り

+1

売り1



ポジションの大きな変化はないものの、銘柄によってバランスに変化がでてきました。コーンに比べて出遅れ感のあった大豆がコーンより先にトレンドバーMAX3へ躍進。数値を大きく伸ばしてきた大豆に対してコーンは足踏みです。金・白金・ゴムは情勢変化なく強気スタンス。オイルは再び80ドル突破に失敗し、BOX圏の往来へ逆戻りで買い転換にはおぼつきません。

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。

 

 

 

Category: USマーケット 

Thread: 明確な投資理論

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

Today's NY & Chicago 

 

MACD

Aroon

Trend bar

ポジション

シカゴcorn

買い

買い

+2

買い4

シカゴ大豆

買い

買い

+2

買2→4

SINゴム

買い

買い

+3

買い4

NY金

買い

買い

+3

買い4

NY白金

買い

買い

+3

買い4

NY原油

売り

売り

+1

売2→1

 


今日のハイライトは大豆です。ことごとく10ドル台で強烈な抵抗勢力に屈してラチがあかないノラリクラリからようやく力強く上に突き抜けて8月中旬以来の水準へ。数値面でも一気にオール買いへ躍進。金・白金・ゴム・コーンに数値の変化は特に弱含む場面は見られず強気スタンス堅持です。おいてけぼりのオイル市場も簡単に下放れせずしぶとく食い下がっており数値の悪化もようやく止まった感が出てきました



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。

 

 

 

Category: USマーケット 

Thread: 暴落に打ち勝つ投資法

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

Today's NY & Chicago 

 

MACD

Aroon

Trend bar

ポジション

シカゴcorn

買い

買い

+2

買い4

シカゴ大豆

買い

売り

+2

買い2

SINゴム

買い

買い

+3

買い4

NY金

買い

買い

+3

買い4

NY白金

買い

買い

+3

買い4

NY原油

売り

売り

+1

売り2


リード役の金に追随した白金・ゴムがオール買いとフルスロットル状態。それにコーンが追随している格好です。大豆もスローペースながらサポートされて徐々に値を切り上げているので追い風となりそう。蚊帳の外のオイルは数値面での回復がまるでなく、完全に別のスタンスで取り組む必要があります。オイル以外は強気スタンスにまだ分がありそうです



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。

 

 

Category: USマーケット 

Thread: 明確な投資理論

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0