01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

CX winners trade

難しい情報分析は不要!機械的な売買でのCXトレード戦記

 

Information

Email2会員
無料メール情報サービスは商品先物取引の締結を目的としており、お申込みのお客様に商品先物取引のご説明やご案内等をさせていただくこともございますので、予めご了承のうえお申込みください。                                                                                         

コムテックスTVは1日3回放送している! 

プレミアムコースの無料体験
昼の放送でよく「会員の皆様には!」と話していますが気になっていた方は今回無料体験を通じて知って頂くチャンス。TV放送は朝、昼(無料視聴)、夕方の3回放映中!

体験お申し込みは下記バナーをクリックしていただき必要事項ご記入のうえでお申込みください。
2月5日月曜日から2月8日夕方5時まで
07m2.jpg
注意…過去に無料体験のご経験のある方はお申込みできませんのでご了承よろしくお願いします。
CXマーケットEyeの内容は!
cxeye_201710200944383b5.png

⊛別角度からみるテクニカル指標についても総合的な面から分析結果
 ⊛一人でなかなか判断ができない!だからこそこのサイトが武器に!
   
◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。

Category: コラム

Thread: 資産運用

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

情報サイトを1week無料開放! 

プレミアムコースの無料体験
昼の放送でよく「会員の皆様には!」と話していますが気になっていた方は今回無料体験を通じて知って頂くチャンスです。

体験お申し込みは下記バナーをクリックしていただき必要事項ご記入のうえでお申込みください。
2月5日月曜日から2月8日夕方5時まで
07m2.jpg
注意…過去に無料体験のご経験のある方はお申込みできませんのでご了承よろしくお願いします。
CXマーケットEyeの内容は!
cxeye_201710200944383b5.png

⊛別角度からみるテクニカル指標についても総合的な面から分析結果
 ⊛一人でなかなか判断ができない!だからこそこのサイトが武器に!
   
◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。

Category: コラム

Thread: システムトレード

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

有料情報サイトについて~ 

テクニカルルールのメンバーで日々作成している情報サイトはおかげさまで実に多彩な投資家らに読んでいただいている。
弊社の対面口座をお持ちの投資家なら月額1080円、口座のない投資家なら月額10800円と単純なシステムだが、この金額についてのコメントが投資家によってこうも違うものなのかと考えさせられる。
「あの内容で月額10800円はかなり安いよ」「短期指標向きの番組を選んで毎日見てデイトレに集中できるよ。コスパが高い!」「そちらに口座あるのだから1080円なんて取らずにサービスしてよ」etc

確かに当社でお取引していただきている投資家なら無料にしてもよいのだが、不思議なもので「無料」なら「別に見てもみなくてもいいや」といった心理が働く一方でたとえ月額1080円でも払う以上やはり真剣に見ていただけることにつながっているようだ。
そして年始に常連の会員からは「昨年も情報通りに売買し、黒字となりました」とお礼メールが届く一方で「会員になって手始めに○○の番組の通り売買したらすぐに損した!面白くないからもう見るの辞める」と剣幕な電話を頂戴した。
同じ情報の内容にもかかわらず、かたや年間収支プラスの投資家と1回だけで判断してダメだしされた投資家との違いは?
少なくとも半年のスパンで情報内容を見ていただきたいと切に思う。もちろん100%的中はない、それでも年間の中でホームラン売買が可能なのだ。ホームラン?気になる方はぜひお待ちする。


詳細はマーケットEyeへ

お問い合わせは0120-433-667 あまない まで

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

Category: コラム

Thread: 投資日記

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

今週は千葉・東京へ~ 

今週末もまた、2名の投資家と初めてお会いする運びとなった。ともにベテランでキャリア抱負とお聞きしているが、果たしてどんな話題が出てくるのか楽しみ。
また、以前に品川で開催したセミナーで一度お会いした投資家とも6年ぶりにお会いすることとなり、ああでもないこうでもない熱い談義となりそうだ。


お問い合わせは0120-433-667 あまない まで

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

Category: コラム

Thread: 投資日記

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

確率データは不人気!? 

例年、ゴムは12月1日に買い、白金12月26日に買う。単純に1月末にかけて上昇しやすいデータがあるからだが、常連組の投資家は本当にその通りに実行して1月末前後に決済するが、一方でアンチデータ派の投資家はこの価格がいくらでも構わないというのが嫌で、その特定の日に買うのはどうも気が引けるとのこと。確かにいくらでも構わないというは乱暴だが、データ派投資家は臆することなく淡々と実行し、1月末までに撤退する。そしてまた今年の12月を待つ。アンチ派は確率が高かろうが値段が気に入らなかったら絶対に買わない。以前にも書いたが10人の投資家に提案しても3~4人がデータを信用し、6~7人はデータをクソくらえと思っている。「今年1月の白金は絶対に下落すると思う」と豪語していた投資家はもちろん売りでナンピンし奮闘中だ。

お問い合わせは0120-433-667 あまない まで

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

Category: コラム

Thread: 投資日記

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0