03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

CX winners trade

難しい情報分析は不要!機械的な売買でのCXトレード戦記

 

Information

Email2会員
無料メール情報サービスは商品先物取引の締結を目的としており、お申込みのお客様に商品先物取引のご説明やご案内等をさせていただくこともございますので、予めご了承のうえお申込みください。                                                                                         

クロージングベル~貴金属 

金 2830 +47 全指標売り方針→売り方針

午後から軟調に転じるものの、13時台に2804円でのミニW底をつけてからは断続的に買い優勢に推移し、3日ぶりの大幅反発で終了。2800円ラインは心理的にもサポート作用した格好で下値固めの布石となった本日の上昇といえよう。ストキャスのみがやや弱含んだものの、MAC数値が3日ぶりにあっさり買い転換となり、全指標売りから前進。アルーンダウンも早くも57pまで好転をみせ、明日も続伸なら50p割れのトレンド変化も視野に。明日はまずは売りポジションの縮小のスタンバイへ。

白金 3503 +122 全指標売り方針

後場寄付きから1時間にわたって売り優勢から一転して14時以降から引けにまで断続的に買い優勢に変化し、あっさり1日で3500円台に回復。しかし数値面ではストキャス・アルーンにやや好転の動きが見られたものの、MAC数値は今日の急上昇でも振るわないことから今日の反発だけではまだパワー不足とみるべきか?明日の続伸&28日高値3548円突破が目先上昇継続のパターン突入も視野に。逆に反落ならむしろスタミナ切れと見て追加売りも一考で、いずれにしても放れにつく方針です。

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。

Category: 未分類

Thread: 暴落に打ち勝つ投資法

Janre: 株式・投資・マネー

tb -- : cm 0