08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

CX winners trade

難しい情報分析は不要!機械的な売買でのCXトレード戦記

 

Information

riar04.jpg

Email2会員
無料メール情報サービスは商品先物取引の締結を目的としており、お申込みのお客様に商品先物取引のご説明やご案内等をさせていただくこともございますので、予めご了承のうえお申込みください。                                                                                         

クロージングベル~15:30版 

金     2889  +7    売り方針                白金   3686  -14   売り方針  ★2             ガソリン 46280 +50   売り方針  ★4
ゴム   196.8 -0.5  売り方針  ★3
コーン  19100 -100  買い方針   ☆2                
大豆   37690 -120  売り→買い方針



金・ガソリンだけが続伸も、反落した他銘柄も下値は浅く、全般的に変動率は低く方向感を欠いた動きに終始。金は数値の動きは芳しくないものの、しぶとく続伸しており、のらりくらりながらも2900円台に再突入しそうなムード。依然として3月からの逆張り有効パターンは継続しており、2850円レベルからの売り仕掛けは妙味薄の様相です。売りスタートとなった白金は今月2日安値3592円を下抜いてくるようでないと下落に拍車はかかってきません。割り込むようなら積極的に追加売り方針です。

すっかりダイナミックさを失っているガソリンは下げ渋り感からようやくストキャス・MACDに好転兆しが表れ、明日小幅でも続伸なら売りポジションの縮小へ。ゴムも下げ渋りをみせてはいるものの、数値面では好転の兆しはなく、戻り売り優勢に変化ありません。

唯一アルーン買いをキープしているコーンに続き、大豆も7月29日以来と2ヶ月ぶりにアルーン買いクロスへ。

10月セミナー 負け組脱出講座最終回!

相場師ブログランキング

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。

 

Category: 本日終値

Thread: 投資成績

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0