10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

CX winners trade

難しい情報分析は不要!機械的な売買でのCXトレード戦記

 

Information

Email2会員
無料メール情報サービスは商品先物取引の締結を目的としており、お申込みのお客様に商品先物取引のご説明やご案内等をさせていただくこともございますので、予めご了承のうえお申込みください。                                                                                         

クロージングベル~15:30版 

金     3262  +5    買い方針 ☆2                 白金   4020  +18   買い方針 ☆2        ガソリン 50010 +870   売り方針 ★3
ゴム   246.8 +5.8    買い方針 ☆4 
コーン  20900 +490  売り方針 ★2                大豆   42240 +1060  買い方針 ☆2
 



金は終日、ドル円相場に翻弄され、上下60円超えの振幅と日中の中では大きい。先週末の急落が尾を引いて数値面ではダメージからはすぐに回復はみえないものの、アルーン&トレンドバーともまだフルスロットルを堅持しており、RSI14日の値も一気に50台まで落ち着いたことも好感。白金もまた、金同様に為替の動きに超過敏に反応し変動率が急上昇。MAC数値、ストキャスは弱含んだものの、アルーン・トレンドバーともに強固な買い表示を堅持しており、4000円大台割れは買い拾われそうです。

ガソリンは実に6日ぶりとなる大幅反発。しかし数値面での回復は意外にも見られずさらに弱含んだ。しかしRSI14日は4・7・9月の急落時にいずれも30p台突入をきっかけに浮上開始していることで3度あることは4度あることも視野に。明日続伸なら売り3→2に変化も。 ゴムは終日買い優勢に推移し、大幅反発。しかし数値面では先週末急落の余波は避けられず、唯一オール買いを保っていたものの、ストキャス&MACDともに売りクロスとなり、買い枚数4→2と縮小へ。しかし250円台回復なら再び買い4へ復帰も視界にあり、下値は浅いとの見解です。 



コーンは実に7日ぶりの反発となり、今月2日につけた安値を割り込まずに11月終了。数値面での回復はまだ見られないものの、20410円を割り込んだらさらにチャート悪化する局面は避けられた。明日も続伸ならリズム好転へ。一方の大豆は大幅反発と終始買い優勢。ワンクッションの調整がむしろ功を奏したといえるのは43010円超えが実現なら。再び43000円超えトライのスタミナが明日試されます。引き続き43010円以上に追加買いを設定したい。


 

12月セミナーは東京・大阪・福岡の3都市開催!



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

 

相場師ブログランキング

 

 



Category: 本日終値

Thread: 暴落に打ち勝つ投資法

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0