02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

CX winners trade

難しい情報分析は不要!機械的な売買でのCXトレード戦記

 

Information

Email2会員
無料メール情報サービスは商品先物取引の締結を目的としており、お申込みのお客様に商品先物取引のご説明やご案内等をさせていただくこともございますので、予めご了承のうえお申込みください。                                                                                         

クロージングベル~15:30版 

3218+20買い方針☆1 
白金4416+14買い方針☆2
ガソリン53890+840買い方針☆3
ゴム297.6+1.5買い方針☆3
コーン21280+260買い方針☆3
大豆39360+180買い方針☆2


金は小幅続伸スタートからマイナス圏に沈むも引けにかけて買い優勢に推移し、しっかり続伸。数値面での変化は特に見られないものの、先週安値3133円が1月29日&2月1日安値3125円を割り込まずに反発したことで3100円割れ賛成はなく地合いは好転とみるべき。2月4日高値3272円トライ公算です。白金も小幅ながらしっかり続伸で終了。MACD売り寸前もアルーンの強含みが明確になっており、下値は限定的とみたい。

ゴムも小幅続伸と3月に入り早速の300円大台タッチも持続性はなく依然として300円戻り売り勢力台頭。数値の動きがわずかながら弱含んでおり300円突破のエネルギー不足は否めません。それでも下値が浅いことから引き続きレンジ内のステージ。ガソリンは先週末のNY市場の反発を好感して大幅上昇。先週の反落でも数値の悪化は目立たず、DMI・CCI揃って売りクロス寸前で止まったのは大きい。

コーンが2月高値をあっさりと上抜き、押しが浅く買い優勢地合いは継続中。トレンドバーがマイナス1から中々プラスに転じないが変化実現なら上昇速度はさらに加速してくるとみます。大豆ものらりくらりの展開ですが、数値が悪化しない以上はコーンに追随。


~勝ち組投資家の実践トレード編~いよいよ最終回!

相場師ブログランキング 

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

Category: 本日終値

Thread: 暴落に打ち勝つ投資法

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0