05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

CX winners trade

難しい情報分析は不要!機械的な売買でのCXトレード戦記

 

Information

Email2会員
無料メール情報サービスは商品先物取引の締結を目的としており、お申込みのお客様に商品先物取引のご説明やご案内等をさせていただくこともございますので、予めご了承のうえお申込みください。                                                                                         

方向感定まらず~クロージングベル 

3649-13方針ホウシン☆4 
白金4505-23方針ホウシン☆1 
ガソリン49370-160方針ホウシン☆2→3 
ゴム260.2-1.9方針ホウシン★3 
コーン19850-140方針ホウシン★4
大豆38610-480方針ホウシン☆2→1 


全銘柄ともに今週に入って下落→上昇→下落と同じリズム。金は日中わずか上下10円と方向感なく終了。数値面は特に変化なく買い方針継続です。白金もまた小幅反落。数値面はなかなか上向いてはこず、かろうじて買い1をキープも不安定です。

ゴムは続伸スタートも直後に売り勢力を増して直近安値を更新。数値面はさらに悪化しており、戻り売りパターン継続です。ガソリンは小幅反落ながらも数値面は軒並み強含んでおり、アルーンが4月以来の買いクロスで買い2から3へランクアップです。

コーンは2月の年初来安値にあと10円まで迫り、昨日の打診買いはかろうじてストップロスは免れています。しかし数値面は依然として明るい兆しはなく、引き続き19820円以下のストップロス設定は継続です。一方の大豆は時系列で値を切り下げて先月の安値を割り込んで終了。昨日買いクロスしたばかりのアルーンは1日で売りクロスし、MACDも売りクロス寸前の土俵際です。年初来安値38290円下抜けなら売り転換も視野に。


6月もセミナー開催!                   12日東京 12日熊本 19日広島 26日大阪 

相場師ブログランキング 


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 


Category: 本日終値

Thread: 投資成績

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0