FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

CX winners trade

難しい情報分析は不要!機械的な売買でのCXトレード戦記

 

Information

Email2会員
無料メール情報サービスは商品先物取引の締結を目的としており、お申込みのお客様に商品先物取引のご説明やご案内等をさせていただくこともございますので、予めご了承のうえお申込みください。                                                                                         

クロージングベル~10日 

10月10日当日終値前日比売買成立値
⑥4319-5買い方針4240円
白金2991+14売り方針2970円
ガソリン71450+230売り方針73870円
ゴム172.7+0.7買い方針172.2円
コーン24570+40買い方針23680円
原油56720+170売り方針57950円


ちょうど今から20年前の10月9日に忘れられない動きを演じた。わずか一晩で12円も円高に振れたことで当時、夜間取引が無かったことで寄り付きから値段がつかないストップ安となり、結局4日後にようやく値が付いた。金価格が1200円台と現在からすれば超お買い得なレベルだが、ストップ幅が±40円だったことで寄りから引けまで全く値段が動かずの売り一色で買い方は何もできない状態だった。今日のマーケットではこのような状態にはならないようになっている。
ノーベル経済学賞受賞者2名がタッグを組んで「失敗するはずがない」と鳴り物入りファンドを組んだが、わずか2年で破たんし、これが引き金となってドルが暴落したのだが、当時のドル円チャートは鮮明に覚えており、2日前に既に半年ぶりに安値を更新し、
テクニカル指標もオール売りとなっていた。為替とのリンク率が極めて高かった金も同時に軒並みデットクロスし、チャート派はしっかり暴落を前に売り転換し、ほくそ笑んでいた。
10年前となるリーマンショック時も9月末に発覚する2か月前の7月には株式をはじめ主要銘柄が軒並み売り表示していたのはチャート派は鮮明に覚えており、「予期せぬショック安」とまことしやかにマスコミが書き立てたが「前触れ」は枚挙に暇がないほどたくさんあった。そして10年たった今年、その前触れは......。


本日の売買&11日の売買方針
詳細はマーケットEyeへ

お問い合わせは0120-433-667 あまない まで

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。 

Category: 本日終値

Thread: 投資成績

Janre: 株式・投資・マネー

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://digitalmarket.blog38.fc2.com/tb.php/2719-72763061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)